EVENT

5月13日(日) 10:00-16:00

「和紙でくるむ家」古建築アートプロジェクト 
ワークショップ:天然絵の具で和紙を染めよう!

運営:文星芸術大学総合造形専攻 中村寿生研究室

place: くるみ亭(通3丁目N邸敷地内)、参加無料

*活動内容についてのパネル展示を5月13-19日、26、27日に行います。ぜひご覧ください。

[about]

2017年7月より、大学・地域連携プロジェクト支援事業として活動開始。昭和初期の建物を「くるみ亭」と名付け、3年をかけて「和紙でくるむ」をテーマに、地域に溶け込み市民に愛される芸術空間をめざし、リノベーションを行います。今回はこれまでの作業の様子をパネル紹介し、プロジェクトに使用する和紙を制作するワークショップを行います。


5月6日(日) 13:00-

家縛りスタート!(15:30頃 記念撮影予定)

「つないで結ぶ 足利・愛」家縛りプロジェクト

展示期間:5月6日(日) - 6月16日(土)

artist:松本春崇+hmp

place: 足利商工会議所友愛会館

[about] 

世界中の足利を愛する人々からいただいた足利への愛のメッセージや画像などを縄にして、協力者の人たちと一緒に足利商工会議所(友愛会館) を、プレゼントの箱を縛るように、「足利の家」として愛をこめて十字に縛ります。足利を愛する気持ちがつないで結ばれ、世界へ向けて足利愛を輝かせ、そして響かせます。


*足利への愛のメッセージを募集中!詳しくはこちらから!


6月2日(土)
開場17:00 / 開演17:30

綾織る身体-踊り場叩き場

artist: 田中泯 meets 板橋文夫

place: 足利織姫神社境内

fee: 前売り¥3800 / 当日¥4300

販売方法: チケットぴあ(Pコード:485-650)、ローソンチケット(Lコード:73957)、イープラス桐生音協 ※こちらから直接お買い求めください

[about]

身体という森羅万象を抱えて土に向かい、<踊り>と<農業>を同義語とする田中泯と、渡良瀬川と<魂魄>を共にする足利出身の叙情と激情のピアニスト・板橋文夫の初共演!


6月8日(金)18:00- 、9日(土)14:00-

『ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人』

映画上映会

place: 旧東映プラザ(足利市井草町2408-1)

fee: 各回¥500(当日券のみ)

協力:足利市映像のまち推進課

[about]

ごく普通の夫婦、ふたりの楽しみは毎月のお給料で購入する現代アートのコレクション。30年かけて集めた作品は、いまや名作ばかりの膨大なコレクションに!平凡なふたりがいかにアートコレクターと呼ばれるにいたったのか?ふたりのアートに対する愛情と情熱、慎ましさの中にある”豊かな生き方”は観る人に感動を与え、世界でロングランを記録。実在する現代アートコレクターのヴォーゲル夫妻を追った感動のドキュメンタリー映画!(アメリカ/2008年/87分/監督・プロデューサー:佐々木芽生/配給:ファイン・ライン・メディア・ジャパン)

映画の公式ホームページはこちら

【特別出店】白い花のみせ つゆ

あしかがアートクロスの期間中、週末限定で「白い花のみせ つゆ」がお花を販売!

場所は路地裏にひっそりと佇む、事務局の秘密基地・APARTMENT2435

足利市雪輪町2435(北仲通のフォルトゥーナさんを北へ進んでいただくと、左手にあしかがアートクロスの看板が目印!)

[今後のスケジュール]

6/2 sat 10:00-14:00

6/3 sun 10:00-16:00

6/9 sat  、6/10 sun 、6/16 sat は時間と場所が変更になる可能性があります。またお知らせさせていただきます。